歌集『人魚』評

第2歌集『人魚』(角川書店)について、歌集評や一首評等をいただいております。
そのつどこちらに紹介させていただきます。

・虫武一俊さん「怒りの熱」(「うた新聞」2017.6)
ukaji akikoさん「Sugarless」
塚田千束さん「嵐が丘に取り残されて」
・濱松哲朗さん「感情が突沸する時」(「塔」2017.5、歌集・歌書探訪)
・田村元さん「『人魚』の四句切れの歌について」(「りとむ」2017.5、時評)
・松村由利子さん「虚実の狭間にて」(「びーぐる」第35号、短歌時評)
・太田青磁さん「Book Review」(「短歌人」2017.5)
・水上芙季さん「最近刊歌集・歌書評・共選」(「短歌研究」2017.5)
・錦見映理子さん「激情のおもむく所」(「短歌往来」2017.5)
・岡崎裕美子さん「今月の歌」(「未来」2017.4)
・後藤明日香さん「週刊図書館」(「週刊朝日」2017年4月28日号)
・野口あや子さん「小さな選択こそが」(「現代詩手帖」2017.4、うたの聴こえるところまで)
・小島なおさん「気になるホン・ほん・本」(「コスモス」2017.4)
・三浦柳さん「書肆『星座』」(「星座」2017年春虹号)
・松平盟子さん「真珠時間」(「プチ☆モンド」No.96)
・松村由利子さん「『人魚』という事件」(朝日新聞朝刊2017.3.20、短歌時評)
・俵万智さん「新々句歌歳時記」(「週刊新潮」2017年3月9日号)
・松村正直さん「感情そのもの」(「現代短歌新聞」2017.3)
時明さん「時明ブログ」
光森裕樹さん「日々のクオリア」(砂子屋書房ホームページ、一首鑑賞)
・東直子さん「作品の深み増す30代 光森裕樹と染野太朗」(共同通信配信2017.2、短歌はいま)
・穂村弘さん「細部の味」(「週刊文春」2017年2月16日号、私の読書日記)
・光森裕樹さん「「豊かさ」の共有を」(東京新聞夕刊2017.1.14、短歌月評)
松村正直さん「やさしい鮫日記」
桜川冴子さん「桜川冴子の0時間目の短歌」
高木佳子さん「壜」
内山晶太さん「うたのホログラム」(砂子屋書房ホームページ、月のコラム)
恒成美代子さん「暦日夕焼け通信」
鈴木竹志さん「竹の子日記」

その他、ツイッター等でも歌を引用していただいたり批評をいただいたりしています。
どうもありがとうございます。
スポンサーサイト